Let’s go Phuket Style

プーケットスタイル

プーケット 観光・遊び

プーケット在住者がおすすめの絶対行くべき最高のビーチベスト3

更新日:

 

南北に細長い島プーケット島にはたくさんのビーチがあります。

旅行でプーケットを訪れた時ビーチで遊ぶならホテルから近いところに行きますよね。

でもせっかくビーチがたくさんあるプーケット に遊びに来たのですから、少し時間をかけてでも綺麗で楽しめるビーチに遊びに行ってみませんか?

今回は時間をかけてでも行く価値のある最高のビーチベスト3をプーケット 在住者が完全主観で選んで紹介します。

 

Ao Yon Beach(アオヨンビーチ)

まず最初に紹介するのはプーケット 南東のパンワ岬にある「AO YON BEACH (アオヨンビーチ)」です。

地図のマークより少し東側ですね。

見渡せるほどの小さなビーチですがいつも人が少なく、地元の子供たちの遊び場って感じのビーチで、静かでゆっくりな時間が流れています。

海も遠浅で波も穏やかでのんびりするには最高すぎるおすすめのビーチですね。

「AO YON BEACH (アオヨンビーチ)」には数件の屋台と、道を挟んだ向かい側に数家のお店とビーチの東端にレストランがあります。

パンワ岬には超高級ホテルが立ち並んでいますが、それは岬の東側に多く、また岬の主要道路もその東側のホテル沿いにあるので、このアオヨンビーチ沿いの道路は車の通りも少なく、それもビーチで静かにくつろげる要因になっているのかもしれません。

アオヨンビーチが面しているパンワ岬西側の道路にはチャロン湾を見渡せる「Kao Khad View Point」もあり、またその近くの側道から山に登れば「Kao Khad Views Tower」にもアクセスできます。

ともに夕刻からの眺めは素晴らしく、「AO YON BEACH (アオヨンビーチ)」からの帰路に夕焼けを眺めるにはもってこいのスポットです。

「AO YON BEACH (アオヨンビーチ)」へのアクセスは、公共の交通機関はないのでレンタルバイクかレンタカー、もしくはタクシーやミニバンを往復でチャーターすることになります。

 

Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)

次に紹介するのはプーケット 国際空港すぐ近くの「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」です。

プーケット島北部西側のビーチで、空港を境に南側を 「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」、北側を「Mai Khao Beach(マイカオビーチ)」となります。

「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」は「Sirinat National Park」という国立公園の中にあるので森の中の閑静な雰囲気を残していて、古き良きプーケットのビーチって感じです。

週末にはタイ人のグループがゴザや食事を持ってビーチ沿いの木陰でくつろいでいる姿をたくさん見かけます。

もちろん国立公園の中にはホテルなどはありませんが、その周囲には安宿から超高級リゾートまで様々なスタイルのホテルが立ち並んでいますので、繁華街なんて必要なくて静かなエリアでのんびりしたいって人にはおすすめなエリアですね。

国立公園内の駐車場には、小さなレストランや売店もあるので手ぶらで行っても全然問題ありません。

「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」でググってみればきっとたくさんの情報が拾えると思います。ハイシーズンは波も静かでシュノーケリングにもってこいのビーチだとか、空港が近いので飛行機の離発着が間近で見られるとか。

だしかにそうなんですが多分あまり知られていないおすすめな絶景が、タイミングが合わないと見ることができない大潮の干潮時に現れるサンゴ礁の洲なんです。

一見なんてことのないサンセットのビーチの写真なんですが.......

手前からずーっと沖に伸びる黒い道、実は全て珊瑚が堆積したものなんです。

大潮の干潮時に何百メートルも沖まで続く珊瑚の道が現れるんです。

まさに絶景です。

そして「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」のもう一つのおすすめポイントは、先の写真にもありますがサンセットと夕焼けですね。

水平線にゆっくりと沈んでゆく太陽を眺め、そして徐々に真っ赤に焼けてゆくプーケットの空は最高に感動します。

一日ゆっくりのんびりビーチで遊んでゴロゴロして飲んだり食べたり、そして夕暮れ時のゴールデンタイムも楽しめるおすすめのビーチが「Nai Yang Beach(ナイヤンビーチ)」です。

大潮の干潮に上手くタイミングを合わせるのはなかなか難しいかもしれませんが、上手くタイミングが合いそうな時は必見ですよ。

 

Yanui Beach(ヤヌイビーチ)

さて、プーケット在住者がおすすめの絶対行くべき最高のビーチの最後は「Yanui Beach(ヤヌイビーチ)」です。

プーケット島最南部に位置するこじんまりとしたビーチですが、海の透明度と少し変わったビーチの形が特徴のおすすめビーチです。

少し変わったビーチの形といいますか、ビーチの真ん中に小さな島が突き出ていて、その島に向かって右側が砂底がののこるビーチで右側は岩がゴロゴロのビーチになりますが、どちらもお魚がいっぱい見られるシュノーケルには最高のビーチになっています。

また、向かいに見える小さな島までビーチで借りることのできるカヌーで渡るとさらなる絶景を透明度抜群の海中に見ることができます。

近くのナイハンビーチまでは公共交通機関がありますが、「Yanui Beach(ヤヌイビーチ)」へはないのでこのビーチへのアクセスもレンタルバイクかレンタカー、もしくはタクシーやミニバンを往復でチャーターすることになります。

ビーチに面した駐車場は無料ですし、ビーチ沿いの道の向かいにはレストランや売店もあります。トイレもそこで借りることができます。

ビーチから海に向かって右側の山の上に見える風車の麓は「ウインドミルビューポイント」と呼ばれる場所で、ナイハンビーチからヤヌイビーチの景色は素晴らしいですし、夕暮れ時には最高のサンセットタイムを楽しむことができるでしょう。

またビーチ向かって右側の山の中には「プロムテープ岬」と呼ばれるこちらもサンセットを観にたくさんの人が訪れるビューポイントになっています。

こちらの「プロムテープ岬」には観光バスが何台もきて夕暮れ時には大混雑するときもあるので、サンセットを観に行くなら「ウインドミルビューポイント」をおすすめしますね。

何れにせよ、「Yanui Beach(ヤヌイビーチ)」を訪れるなら合わせて楽しみたいビューポイントになります。

「Yanui Beach(ヤヌイビーチ)」へご自分でお車やバイクを運転して行かれる場合は、急なカーブが続く山道を超えて行かなければいけません。

安全運転を心がけて、スケジュールには余裕を持って行かれることをおすすめします。

 

まとめ

プーケット在住者がおすすめの絶対行くべき最高のビーチベスト3を完全主観でお届けしました。

ビーチでの過ごし方は十人十色。

色々な楽しみ方があるかと思います。

のーんびり過ごすのが好きなのでどちらかといえばそういう雰囲気を好まれる人にはハマると思います。

楽しいプーケット旅行になりますように。

 

プーケットスタイルではプーケットの情報を発信するとともに、プーケット滞在に関する質問やご相談、各種ツアー等の手配などプーケット在住の日本人スタッフが丁寧に対応させていただいております。

なんでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

    -プーケット, 観光・遊び
    -, , , , , , , , , , , , , , , ,

    Copyright© プーケットスタイル , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.